栄養価・健康効果  

栄養価・健康効果  

チーズと健康

ミルクの栄養成分が凝縮されたのがチーズ

ミルクは赤ちゃんの成長に必要な全ての栄養素と水分を含んだ、それだけで完全な食品です。そのミルクから水分を取り除き固め、また、醗酵させたものがナチュラルチーズです。ナチュラルチーズには、タンパク質・脂肪・カルシウム・ビタミンがバランスよく含まれています。

カルシウムとチーズ

特にカルシウムについては、ナチュラルチーズは100g当たり、おおよそ600mg、多いもので1500mgを含んでいます。
しかも、良質の蛋白質と結合して含まれているので、吸収されやすくカルシウム不足といわれる日本人に最適な食品です。

カルシウムの含有率

チーズ1個=めざし11匹
カルシウムは日本人1人当たり成長期で、1日800mg~900mg
成人以降でも550~650mgが必要といわれています。

アルコールとチーズ

チー ズに含まれるチーズに含まれる乳酸菌や酵素が消化を助け、チーズの脂肪が胃の粘膜を保護し、アルコールの吸収を和らげます。また、チーズに多く含まれてい るアミノ酸のメチオニンは、肝臓の働きを助け、アルコールの分解を助けます。
(例、エメンタルに含まれるメチオニンは170mg/窒素1g 当たり)

チーズの特性と種類

カロリー控えめチーズ
カッテージチーズ、リコッタチーズなど
塩分控えめチーズ
クリームチーズ、カッテージチーズなど
カルシウム多めチーズ
バルミジャーノ・レジャーノチーズ、グリュイエルチーズなどハードチーズ

チーズの栄養価表

チーズの栄養価表/チーズ100g当たり

種類 タイプ カロリー (Kcal) たんぱく質 (g) 脂肪 (g) 炭水化物
(g)
ナトリウム (mg) 食塩
相当量 (g)
カルシウム (mg) コレステロール (mg) レチノール
当量
(ビタミンA) (μg)
ビタミンB2 (mg) ビタミンB12 (mg) 資料
カマンベール 白カビ 310 19.1 24.7 0.9 800 2.0 461 87 250 0.48 1.3 A
パルメザン 超硬質 475 44.0 30.8 1.9 1,500 3.8 1300 96 250 0.68 2.5 A
エメンタル 硬質 429 27.3 33.6 1.6 500 1.3 1200 85 230 0.48 1 A
パルミジャーノ
レジャーノ
超硬質 374 35.8 25.7 - 820 2.1 1233 68 - - - C
グリュイェル 硬質 435 29.0 35.0 - 336 0.9 1011 110 - - - C
コンテ 硬質 399 29.2 31.3 - 315 0.8 952 123 - - - C
チェダー 硬質 423 25.7 33.8 1.4 800 2.0 740 100 350 0.45 1.9 A
ゴーダ 硬質 380 25.8 29.0 1.4 800 2.0 680 83 290 0.33 1.9 A
エダム 硬質 356 28.9 25.0 1.4 780 2.0 660 65 270 0.42 2.8 A
ブルー 青カビ 349 18.8 29.0 1.0 1,500 3.8 590 90 300 0.42 1.1 A
クリーム 軟質 346 8.2 33.0 2.03 260 0.7 70 99 270 0.22 0.1 A
カッテージ フレッシュ 105 13.3 4.5 1.9 400 1.0 55 20 38 0.15 1 A
フレッシュモツアレラ フレッシュ 248 18.0 20.0 1.5   - 400 - 250 - 0.26 B
リコッタ フレッシュ 146 8.0 11.0 3.8   - 420 - 171 - 0.39 B
マスカルポーネ フレッシュ 434 4.9 44.0 4.5   - 134 - 531 0.26 0.36 B
プロセス プロセス 339 22.7 26.0 1.3 1,100 2.8 630 78 280 0.38 3.2 A
普通牛乳 - 67 3.3 3.8 4.8 41 0.1 110 12 39 0.15 0.3 A

A.五訂日本食品成分表、B.ガルバニ社公表、 C.Cahiers de nutrition et dietetique,vol,XIX からの資料より
ナトリウム含有量 (mg) x 2.54 /1000 = 食塩相当量 (g)

--