チーズの資格  

チーズの資格  

バチェラー・オブ・チーズ

デンマークでの研修風景と 「バチェラー・オブ・チーズ」のディプロマ

バチェラー・オブ・チーズとは

バチェラー・オブ・チーズデンマークチーズ学校での研修が終了した研修生に対しては、修了資格認定のための試験が行われます。
そして、合格した研修生のみ「バチェラー・オブ・チーズ」の称号が与えられ、そのディプロマが授与されます。
その称号を有する修了認定者(バチェラー・オブ・チーズ)には、デンマークチーズセミナーなどデンマークチーズの啓蒙・普及を目的とした各種販売促進活動において、専用のユニフォームを着用し、「バチェラー・オブ・チーズ」として活動する資格がデンマーク酪農連合、デンマーク食品農業省、デンマーク農業理事会より与えられています。

デンマークチーズ学校

「ナチュラルチーズについての正確な商品知識を」というニーズに対して、デンマーク食品農業省並びにデンマーク農業理事会監修のもと、実施されています。

デンマークチーズ学校

カリキュラム

それは「平易でわかりやすく、基礎的で簡潔」かつ「専門的にみて、正しい知識」を効率的・体系的に修得できる研修です。

  • 酵素学、発酵学、微生物学、細菌学、栄養生理学などの基礎をはじめ、チーズの歴史的、文化的なことやライフスタイルにおける意義など、広範な分野にわたるスクーリング
  • チーズ製造、チーズ工場・酪農農家の見学などのフィールドスタディ

これらは平行して進行され、現地デンマーク・オーデンセにおいて実施されています。

授業風景 1 授業風景 2

シュバリエ・ド・タストフロマージュ

シュバリエのマークフランスチーズ鑑評騎士の会は、1954年に、「伝統的チーズを守る為、およびチーズ製造・販売に携わる人々を保護・支援する」ことを目的に、フランスで設立されました。
フランスのほか、ベルギー、ブラジル、ロシア、日本など、世界20カ国に会員を擁し、数カ国には支部を置いています。設立以来、1万5千人をこえる人々に称号を授与してきました。
日本支部では、チーズの普及啓蒙に貢献し、フランスチーズ鑑評騎士の会に1年以上在籍する人2名と同会理事1名の推薦を受けた候補者の中から、毎年30名前後を任命します。2005年度は20名が叙任され、計369名が会員になっています。日本支部理事長は江上料理学院院長、江上栄子氏です。
大半の就任者は「シュヴァリエ」という階級に属します。その上の階級が「オフィシエ」です。
フランスチーズ鑑評騎士の中でも最高の位が、「グラン・オフィシエ」です。

シュバリエ認証状

--